引っ越しの見積もりの手順。上手な引っ越し無料見積もりの使い方

引っ越しをお得に行うためには、引っ越し業者の良し悪しをしっかりと見定めてから、依頼をする業者を選び抜かなくてはなりません。
引っ越しは、引っ越し当日になるまではどのようなサービスが受けられるかが分からないという性質がある以上、引っ越し会社の説明をよく効いたうえで、引っ越し業者の選択をしなければならないのです。
そうして当日に備えることが、引っ越しをよりお得に、上手に行うために必要なことですが、そのためには上手に見積もりが取れるようにするのがおすすめです。
見積もりの際から慎重にすることが必要ですが、今回はその見積もりに際して注意すべきことを紹介したいと思います。以下のことに注意をして、上手に見積もりを行い、お得に引っ越しをしてしまいましょう。

▼引っ越し無料見積もりサイト実力No1 引越し価格ガイド

●上手に引っ越しの見積もりを取る手順について
まず、引っ越しの見積もりを取る手順として、第一に注意すべきはどのような時期に引っ越しの見積もりを行ってもらうかです。
一般的には、引っ越しの日から逆算して1ヶ月から2週間前に見積もりをするのがベストだと言われています。
なので、引っ越しの日時が決まったら早めに引っ越しの見積もりを取るようにしましょう。荷造りなどは、見積もりをしてもらった後から、引っ越し当日までに行うようにすれば結構です。逆に見積もりをしてもらう前に荷造りを完了させようと思うと、時間がかなり切迫してしまいがちですし、ダンボールを自分で集めたり、購入したりする必要が出るかもしれません。しかし、業者のほとんどはダンボールを無料でもらえるので、購入するのはかなりもったいないですね。
なので、引っ越しの準備期間に余裕を持つためにも、引っ越しの見積もりを早めに頭領にするのがおすすめなのです。

●訪問見積りで最安値の引っ越し料金を知ろう
引っ越しの見積もり方法は、ネットサービスによる一括見積、電話見積もり、訪問見積りの三つがあります。全て、無料で行うことができます。
中でも最も正確に、最安値の引っ越し料金が分かるのは、訪問見積りです。荷物の少ない単身、一人暮らしの方でも訪問見積りの方が料金は安くなります。
逆に面倒くさがってネットや電話などで見積もりをすると、料金が割高になる恐れがあります。電話などでは利用者が伝える以上の荷物がある可能性があるために、積み残しが無いように、実際の荷物よりも多く見積もるようにしているからです。
なお、訪問見積りの際にはダンボールを無料でもらえると言う特典もあります。
時間の許す限り引っ越し会社に荷物を見てもらって、見積もりを出すことで、比較をしながら依頼する会社を選ぶことができますので、そのようにするのがおすすめです。

●時間の調節は午前中にすべてを終わらせるのが目安
なお、引っ越し業者の見積もりは、だいたい1時間くらいがかかります。なので、複数の会社に依頼をする際には、休みの日の時間を大きく使ってしまうことになるでしょう。
また、時間をしっかりと調節しておくことも必要です。複数の引っ越し業者に訪問見積りをしてもらうのであれば、1時間倉ずつずらして、時間の調節をすると良いでしょう。上手く時間を調節すれば3時間くらいで複数社に見積もりをしてもらうことができます。
なお、一括見積サイトなどから、見積もりをお願いする会社を選ぶこともできますので、そちらを利用すると時間の調節がし易くなりますよ。

●部屋の中をわざわざ片づける必要は無し
なお、引っ越しの見積もりをしてもらう際には、そこまで部屋を整理整頓しておく必要はありません。荷造りを始まる前には、大体部屋は汚いものです。
また、引っ越し会社の営業マンは頭の中で荷造りをして、トラックの大きさを計っているので、変に整理整頓しておくと、逆に困ってしまうこともあります。
また、荷造りの仕方に支持を出す場合もあり、先に荷造りを済ませていると、もう一度荷造りのし直しをしなくてはならなくなる場合もあります。それだと折角の荷造りの時間がもったいなくなってしまいますね。
ただ、一つだけ注意点があるとすれば見積もりをしてもらうまでには捨てられるものは捨てておくようにすることです。それも含めて見積もりをされる場合もありますので、捨てられるものは必ず捨てておくように心掛けましょう。

●打ち合わせは見積もり時しかできないので、引っ越し当日のつもりで話を進める
基本的には引っ越し会社は見積もり以降に、お客様と相談をするようなことはありません。自宅にもダンボールを配達しにくる程度なので、それ以外の込み入った話をすることはまず不可能です。
なので、見積もりをしてもらう際には、引っ越しに関するすべての打ち合わせをきちんとしておくようにしましょう。電話などで質問をしたとしても、担当者に電話がつながることはまずあり得ませんので、引っ越し当日のつもりで、質問したいことは全て質問し、不明な点を全部なくすように心掛けましょう。

●一括見積サイトは不便な点がある?
最近注目されている一括見積サイトですが、実は悪い評判もあります。
それは、ただ単に情報を公開するだけ、というものです。基本的にはメールアドレスや電話番号などを登録するだけなのですが、そうすることによって、様々な引っ越し業者からひっきりなしに電話やメールが掛かってくる、ということになってしまうケースがあるようです。
中には、連絡の取れる時間を指定することのできるサイトもありますので、そのようなサイトを探して、利用するようにした方がいいでしょう。

●見積もりをしてもらった会社には必ず断りを入れなければならない
当然のことですが、最終的には見積もりをしてもらった会社から一社を選ばなければなりません。一社だけに依頼をする場合には気にすることはありませんが、複数社に見積もりをしてもらっていると、依頼をしない会社に断る旨を伝えなければいけません。
ただ、ほとんどの場合、営業マンは相当食い下がりますし、粘りに粘って自社に任せてほしいと迫ってきます。なので、断りの連絡を入れるのが相当面倒くさく感じることも多いようです。
なので、あまりにもたくさんの業者に見積もり依頼をするのは止めておいた方がいいでしょう。それだけ無駄な作業が増えてしまいますので、あっても三社程度しておいたほうがいいでしょう。

●中古のダンボールは貰おう
上記も致しましたが、基本的にダンボールはもらうことができます。新品のダンボールであれば、引っ越しをした後に返却しなければいけませんが、中古のダンボールであればもらうこともできます。
貰ったダンボールは再び引っ越しをするときにも使えますし、仕切りなどに使うこともできますので、何かと重宝しますよ。

●処分品が多いときはリサイクル業者を使おう
リサイクル法によって、テレビ、エアコン、電子レンジ、冷蔵庫を処分するためにはリサイクル料金が発生してしまうようになりました。このリサイクル料は引っ越しをする際に最も発生し易いものです。これらの家電はほとんどの場合、引っ越しの際に処分してしまいますから。
ですが、このリサイクル料は明らかにもったいないですね。なので、リサイクル業者を利用しましょう。リサイクル業者は引き取りに来てくれて、料金を支払ってくれる場合もありますし、ただ単に引き取ってくれるだけでも、リサイクル料自体が浮きますので、非常にお得です。なので、処分する家電があれば、ぜひともリサイクル業者を活用しましょう。

見積もりまでの流れ

引越しをお考えで見積もりを取りたい方、実際に見積もりを取る場合にどのような対応が発生するか把握されていますでしょうか。無料で見積もりを取れる業者は多いものの、実際には面倒な作業が多いです。引越しで費用の見積もりを無料で利用する場合、下記の様な流れで進めていきます。

1.見積もり依頼を行う引越し業者選定(★)
2.見積もり依頼の連絡(電話、メール等)(★)
3.引越し予定の内容の連絡(★)
4.現地での見積もり対応(☆)
5.見積もり金額の算出(☆)

(★)・・・見積もり依頼主
(☆)・・・引越し業者

■見積もり依頼主の対応項目

依頼主が、実際に依頼をする場合に初めに対応するのは見積もり依頼をする引越し業者の選定です。業者の選定は、全国展開されている業者や地域に根付いた業者など各業者で特色があるため選定するのが難しいです。

業者の選定後、実際に見積もりを依頼する旨を連絡します。業者によってはインターネットページ上で見積もりの依頼を行うフォームが用意されている場合があります。基本的には、電話かメールでの連絡対応になります。この段階で、今回の引越しで予定している、引越し先の住所や、建物構造、荷物量などの情報を事前にお伝えいただく流れになります。

■引越し業者の対応項目

見積もり依頼の連絡後に、併せて実際に引越し業者の方が住まいまで来訪し見積もりを作成する日程を決めます。当日は引越し業者の方へ荷物の内容などを確認してもらい、最終的な見積金額を出してもらう流れになります。

■複数の引越し業者に見積もりを依頼しましょう

見積もりを取る場合は、複数の業者に依頼をすることで費用の比較をすることができ、引越し費用を抑えることができます。ただ、上記の通り実際に見積もりを取るのは面倒な作業があるうえ、それぞれの業者毎に連絡を取らなければならず手間がかかってしまいます。

そこでおすすめしたいのが、一括でできる引越し費用の見積もりサイトを利用することです。

こちらでは、最大で10社分の見積もりを一括で行う事ができます。しかも無料です!これなら面倒な見積もりの対応も簡単にできてしまいますね。

■引っ越し無料見積もり体験談

私が引っ越しをするときに、見積りを頼んだ引っ越し業者は3社でした。
引っ越しをするときに、引っ越し業者を最初から一社に決めないで、何社か見積りをお願いする事は、料金を安くする常識だと思いますし、皆さんやっていらっしゃるのではないでしょうか?

マイナーな引っ越し業者にお願いしたり、繁忙期を避けるというのも皆さんが良くされている、節約方法だとおもいます。今回私はメジャーな3社にまず見積りをお願いしました。
そして、相場を知った上で、マイナーな業者にも見積りをお願いしてみて、安いところでお願いしようと思っていました。
最初の3社は料金の安さではなく、サービスに定評のある業者だと思っていたのですが、2社目のクロネコヤマトさんの担当者の方は初めての営業だったらしく、先輩と思われる方と一緒にみえて、とても緊張した様子でした。

そして、びっくりするくらい値引をしてくれました。前回の引っ越しの時より荷物が増えていたのに、その時とほぼ変わらない料金で前社よりずっと安かったので決めちゃいそうになりましたが、やはり他も聞きたくて、その日は決めませんでしたが、他を聞いても一番安かったです。